フィットライフコーヒーを空腹時に飲むと血糖値が低くなりすぎる?

フィットライフコーヒーを空腹時に飲むと血糖値が低くなりすぎるか

血糖値低くなりすぎるかと言うと、、、

 

フィットライフコーヒーを空腹時に飲んでも血糖値が下がりすぎる事はありません。

 

これは>>公式サイトのよくある質問でも答えられています。

 

あくまで上昇を抑えるだけで正常な血糖値を下げる作用はありません。
それゆえのトクホ認定のようです。

 

 

ですが、そもそも空腹ということは血糖値が下がっている状態ですので
そこへコーヒーを飲むというのは問題な気がします。

 

 

空腹時のフィットライフコーヒーは避けたほうが無難かと思います。

 

 

嗜好品として、コーヒーを楽しんでいる人は多いです。

 

 

味や雰囲気を楽しむだけでなしに、コーヒーを飲むことで健康にプラスになるというのであれば、まさに一石二鳥です。

 

 

フィットライフコーヒーが誕生したのは、まさにそういった発想から世に送られたのです。

 

 

味は癖のないマイルドな味ですので、長く飲み続けていても飽きることがありませんし
カフェインの極小なので空腹時に飲んでも胃にも優しいです。

 

 

1杯分ずつを個別の包装にしていますから、風味が落ちることもなく、簡単に飲むことができます。

 

 

フィットライフコーヒーには、1杯あたり6.4gの食物繊維が含まれています。

 

 

最近は食物繊維の不足している傾向が見られますが、フィットライフコーヒーであれば、食物繊維不足の解消にも貢献してくれるのです。

 

 

また、フィットライフコーヒーの良さとして、食事に含まれている糖の吸収を穏やかにしてくれる働きをする点もあります。

 

 

血糖値を気にしている人にとって、食事制限と運動が大切であることは理解できていても、今までの生活習慣をにわかに変えることは容易ではありません。

 

 

フィットライフコーヒーには、血糖値が気になる人に向けて開発された難消化性デキストリンが含まれているのです。
消費者庁から特定保健用食品としての表示許可を受けています。

 

 

だからといって、フィットライフコーヒーを空腹時に飲むと血糖値低くなりすぎるかと言うと、決してそんな心配はありません。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ