難消化性デキストリンの副作用

難消化性デキストリンの副作用

摂取上限値もない

難消化性デキストリンとは、ダイエットペプシやメッツコーラなどに含まれるとうもろこしが原料のでんぷんの一種で、消費者庁が特定健康食品として認めた成分です。

 

食物繊維の不足を補うために古くから食品に使用されているもので、熱や酸に弱い食物繊維に比べて消化しにくく腸まで届き、便秘などの腸内環境を良くしてくれることで、さらに肌トラブルなども解消してくれる作用もあります。

 

その他、内臓脂肪を低下させ、通常の食物繊維では阻害してしまうミネラルの吸収を高める働きもします。

 

粉末で販売されているものもありますので、ご自身の好きな飲物や食事の時に取り入れるのもいでしょう。

 

これだけ良い成分なら、たくさん摂りたいと思うのは当たり前のことですが、気になってくるのは副作用です。
難消化性デキストリンは、人口に作られた成分であるので基本的に安全性が高く副作用などは今のところ認められていません。

 

しかし、大量に摂取しすぎると下痢を起こす可能性もあるので、程ほどに取るようにするのが望ましいでしょう。

 

ですが、基本的には摂取上限値が定められていないほど、安全性の高い食品になっています。

 

また、食物繊維であるので含まれている糖質は少ないですが、全く入っていないわけではないので、やはり大量に摂りすぎると生活習慣病への近道となるので、取りすぎないように気をつけましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ