特保と栄養機能食品の違い

特保と栄養機能食品の違い

認可の違い?

世の中に星の数ほど出回っている健康食品。

 

自分の体にはどれがいいのか、迷ってしまいますね。

 

中には効果のあやしいものや、危なそうなものもあります。

 

そこで、健康食品の有効性や安全性等について国が一定の基準を設定しました。

 

 

その基準を満たしたものを、保健機能食品といいます。

 

 

これは、特保と呼ばれる特定保健用食品と、栄養機能食品とに分けられます。特保と栄養機能食品には性質上と手続き上の違いがあります。

 

 

健康でいるために食習慣を改善する必要のある人はたくさんいますが、特定保健用食品とは、そのきっかけとなるべく、効能や効果を「〜が気になる方に」という言葉と共に表示してもよい、と政府の認可を受けた保健機能食品です。審査には実験データの提出が必要です。

 

 

1991年に健康増進法に基づいて導入され、2009年に所管が厚生労働省から消費者庁になりました。

 

 

また毎日の食生活では、どうしても不足しがちな栄養素というものがあります。

 

 

栄養機能食品とは、そうした栄養成分を補うために表示を許可された保健機能食品です。

 

 

2001年に食品衛生法に基づいて導入されました。
基準を満たしていれば、表示するうえで政府の認可は必要ありません。

 

 

つまり、特保は食習慣の改善に役立つ認可手続きの難しい食品、栄養機能食品は不足しがちな栄養素を補給する、手続きが簡単な食品という違いになります。

 

 

特保は乳酸菌飲料や食用油等で、栄養機能食品はビタミン剤等です。


ホーム RSS購読 サイトマップ