フィットライフコーヒーカロリー一般コーヒー比較

フィットライフコーヒーのカロリー〜一般コーヒーと比較

カロリー差は無い?

フィットライフコーヒーは、特定保健用食品と認可された商品で、手軽でおいしく飲める仕様となっています。このコーヒーには、レタス2個分の食物繊維を摂ることができるため、生活習慣病の改善に一目置かれています。

 

 

また、食品内に含まれる糖をゆるやかに吸収する効果が確認されており、急激な糖分の増減によって支障をきたす心配はありません。これには、とうもろこしから抽出した食物繊維デキストリンが大いに関係し、あらゆる業界から注目が集められているほどです。

 

 

フィットライフコーヒーが健康にいい製品は分かりましたが、気になるのが食物内のカロリーです。カロリー過多になりがちな現代において、ぜひとも知っておきたい項目になります。

 

 

そこで、一般コーヒー製品とフィットライフコーヒーを比較してみると、
一般で売られているブラックコーヒーはおよそ4kcalとなっています。

 

 

それに対して、フィットライフコーヒー1包には19kcalのカロリーが含まれています。

 

 

一見、市販のブラックコーヒーの方がローカロリーと思われがちですが、一般コーヒーを飲むにあたっては砂糖やクリームを入れる場合があります。砂糖・クリーム入りを比較すると、カロリーに16〜31kcalの開きがあり、フィットライフコーヒーとほぼ同等のものとなります。このことから、生活習慣病を予防する観点からすると、カロリーはさほど問題ないものと捉えることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ