フィットライフコーヒーカフェイン妊婦

フィットライフコーヒーのカフェインは?妊婦でも大丈夫?

コーヒーを我慢するストレスも問題

女性はお腹に赤ちゃんを宿し妊婦になると様々な事が制限されます。

 

低体重出産を招く可能性のあるアルコールや喫煙、激しい運動は控える必要があります。

 

 

食事に関しても甘い物の取りすぎは妊娠糖尿病を引き起こす場合がありますし、
塩分過多や肥満にも気を付けなければ胎児に影響を及ぼす事があります。

 

 

それから妊娠中摂取を控えるべきとされている物が、コーヒー、紅茶に含まれているカフェインです。

 

 

カフェインは胎盤を通っていきやすいため、胎児の中枢神経を覚醒させたり興奮させる要素があります。それによって、胎児の発育に遅れを生じさせる危険があります。また、カルシウムや鉄分の吸収を抑える働きをするため、鉄分が不足しがちな妊婦にはよくありません。

 

 

カルシウムや鉄分の数値が低いと貧血を起こしたり疲労しやすくなるので、出産をする時に体力不足になりがちです。

 

 

一方で、妊婦にとってストレスを溜める事が胎児へ最も悪影響を与えるとの見方もありますので、我慢をし過ぎないためにも、ノンカフェインのコーヒーや紅茶も販売されています。

 

 

フィットライフコーヒーはカフェインも少なく、食事と一緒に飲む事で糖の吸収を抑える事のできる、特定保健用食品です。
また、フィットライフコーヒーは一般的なコーヒーと同じような味わいとなっています。

 

大量に飲むことをしなければ、ストレス解消にちょうど良いバランスの健康コーヒーと言えますね。


ホーム RSS購読 サイトマップ